教員 (Professor)


住吉大輔 教授

Professor, Daisuke Sumiyoshi

研究分野 (Research Field)


建築環境・設備
特に、空調システム、住宅設備システム、都市のエネルギー

Architectural Environment and Building Equipment
Mainly, Thermal Environment, HVAC&R and Equipment of Housing

略歴 (Profile)


1978年 福岡県生まれ
2001年 九州大学工学部建築学科 卒業
2003年 九州大学人間環境学府空間システム専攻 修士課程 修了
2006年 九州大学人間環境学府空間システム専攻 博士後期課程 修了
2006年 学位取得(博士(工学)、九州大学)
2006年 九州大学人間環境学研究院 学術研究員
2008年 独立行政法人建築研究所 専門研究員
2009年 独立行政法人建築研究所 研究員
2010年 九州大学人間環境学研究院都市・建築学部門 助教
2014年 九州大学人間環境学研究院都市・建築学部門 准教授
2021年 九州大学人間環境学研究院都市・建築学部門 教授

業績・連絡先 (Accomplishment,Contact,etc.)


九州大学研究者情報 (Academic Staff Database of Kyushu Uni.)

E-mail: sumiyoshi [at] arch.kyushu-u.ac.jp

photo


1978 Birth in Fukuoka, Japan
2001 Bachelor degree, Department of Architecture, School of Engineering, Kyushu Uni.
2003 Master degree, Graduate School of Human-Environment Studies, Kyushu Uni.
2006 Doctor degree, Graduate School of Human-Environment Studies, Kyushu Uni.
2006 Doctor of Engineering, Kyushu Uni.
2006 Post-doctoral Fellow, Faculty of Human-Environment Studies, Kyushu Uni.
2008 Assistant Researcher, Building Research Institute
2009 Researcher, Building Research Institute
2010 Assistant Prof., Faculty of Human-Environment Studies, Kyushu Uni.
2014 Associate Prof., Faculty of Human-Environment Studies, Kyushu Uni.
2021 Prof., Faculty of Human-Environment Studies, Kyushu Uni.

皆様へ


地球温暖化は世界共通の課題であり、CO2排出量の大幅削減が求められています。また、現状では有効なエネルギー資源のない日本にとってはエネルギー資源の枯渇は、死活問題です。東日本大震災に起因する原子力発電所の事故により、エネルギー問題が顕在化し、広く一般に認知されるようになりました。今、日本はエネルギーの面において転換点にあると言え、今後どのような取り組みを行うかに日本の将来がかかっています。
建築分野でのエネルギー消費量は日本全体の約30%を占め、建築における省エネルギーの実現は今後数十年で成し遂げるべき、最重要課題の一つです。
当研究室では、建築の省エネルギー、省CO2の実現にむけて、住宅エネルギーデザイン手法や燃料電池の活用に関する検討、建築物における空調システムの運用の最適化や適切な設備容量の設計手法の開発などに取り組んでいます。また、さらなる省エネルギーの実現のためには現在のライフスタイルを見直し、サステナブルなライフスタイルやそこに居住者を誘導していく建築のあり方を模索していく必要があると考えています。ぜひ一緒に持続型社会の構築に向けて取り組んで行きましょう!

留学を希望される方へ (To the applicant of a foreign studnet)


私の研究室への留学を希望される方は、以下の「留学を希望される方へ」ページを一読の上、ご連絡下さい。持続型社会の実現に向けて一緒に研究しましょう。
If you have any interest to become a foreign student of our lab., please read the following link.
留学を希望される方へ(To the applicant of a foreign studnet)

学生 (Students)

 博士課程 (Doctoral Course Students)


D3 金  惠美 Kim Hyemi (From Korea)

 修士課程 (Master Course Students)


M2 Chowdhury Wahida Sakura (From Bangladesh)
M2 伊丹 友里 Itami Yuri
M2 松山諒太郎 Ryotaro Matsuyama
M2 福庭 彬大 Akihiro Fukuba
M2 豊永 大貴 Hiroki Toyonaga
M2 水崎 裕也 Yuya Mizusaki
M2 王  恒煊 Wang Hengxuan (From China)
M2 何  清怡 He Qingyi (From China)
M2 倪  哲鵬 Ni Zhepeng (From China)
M1 畑田健太朗 Kentaro Hatada
M1 梅原  周 Shu Umehara
M1 松宗  怜 Ryo Matsumune
M1 松本 理志 Satoshi Matsumoto
M1 連  海超 Lian Haichao (From China)
M1 陳  昱通 Chen Yutong (From China)

 学部生 (Under Graduate Students)


B4 朝倉 洸樹 Asakura Koki
B4 坂井 里綺 Sakai Riki
B4 宍戸 里帆 Shishido Riho
B4 新盛晃太郎 Shinmori Kotaro

スタッフ (Staff)

事務補佐(Secrtary) 


奥村由紀子 Yukiko Okumura